障害者支援施設
木埋学園

mokuri2

木埋学園

可能性へ向けて、笑顔のあふれる学園生活

写真

所在地

〒879-5406 大分県由布市庄内町西長宝1426-2

お問い合わせ

TEL : 097-582-1212  
FAX : 097-582-1299
Mail : mokuri@kouseikan.jp

支援目標

1.利用者の基本的生活習慣の確立と豊かな心情の育成
2.施設機能の開放と地域社会との連携を密にした地域福祉の増進
3.社会的応用力の養成と社会自立へ向けての支援

主な年間行事

4月
  • 花見会
5月
  • 大分県障がい者
    スポーツ大会
6月
  • 大分県ゆうあい
    スポーツ大会
7月
  • 納涼
8月
  • 一泊旅行
9月
  • 風船バレー大会
10月
  • ビッグフェスタ
    in 庄内厚生館
11月
12月
  • クリスマス会
1月
  • 初詣
2月
  • 節分会
3月
  • いちご狩り

木埋学園について

障害者支援施設木埋学園では、生活介護の方のADLの低下や
自閉症等に起因する行動障害など、身体・精神面で
常時支援を必要とされるご利用者様に対し、安全で豊かな日常生活を
営むことができるよう、個々のご利用者様に十分配慮した支援を行います。

木埋学園の日課

一日の流れ

6:30
起床
7:30
朝食・歯磨き支援・トイレ誘導
8:30
職員朝礼
9:00
日中活動・入浴支援
12:00
昼食
13:00~14:30
 
日中活動
 
18:00
夕食・歯磨き支援・トイレ誘導・就床準備
19:30
自由時間
20:30
就床
由布支援学校

由布支援学校

生活支援(食事介助)

生活支援(食事介助)

日中活動

日中活動

園の様子

園 様子

木埋学園の活動

  • 風船バレー

    風船バレー

    学園でチームを作り、休日に地域交流ホームを使用し練習をして、県社会福祉協議会が主催している大会に参加しています。

  • 大分県ゆうあいスポーツ大会

    大分県ゆうあいスポーツ大会

    大銀ドームで開催され、フライングディスク、100メートル走等の競技に参加し日頃の練習の成果を発揮しています。

ショートステイ(短期入所・日中一時支援)

目的

障がい者等の重度化及び、高齢化や親亡き後を見据え、利用者様の保護や
支援を必要とする場合、当障害者支援施設に入所していただき、個々の個別支援計画・入所支援計画を職員一人ひとりが
熟知して連携を重視し、いかなる場合においても適切なサービスが提供できるように支援致します。

運営方針

  • 利用者の身体及び精神の状況並びにその置かれている環境に応じて、必要な支援を適切に行います。 
  • 安全で豊かな日常生活を営むことができるよう、地域や家庭との結びつきを重視し、援護地、保健医療サービス、福祉サービスの提供者と密接な連携に努め、個々の利用者に十分配慮した支援を行います。

対象者とその条件

  • 対象者

    【大分県に居住する】
    知的障がい者(18歳以上)
    ※肢体不自由の方・医療ケアが必要な方は入所されておりません。
  • 対象者

    【社会的な理由】
    病気、出産、冠婚葬祭、事故、災害、失踪、
    出張、転勤、看護、学校などの公的事業への参加
    【私的な理由】
    旅行、休息、生活訓練等

短期入所の手続き

ショートステイ申請の流れ

ショートステイ申請の流れ

短期入所の経費

  • 入所にかかる経費は、障害福祉サービス受給者証に記載している額に応じて精算しますが、
    原則利用者の1割負担となっています。
  • 支払は、利用された月の月末に請求書を送付致しますので、翌月の20日までにお支払い下さい。契約時にご説明いたします。
  • 保護者負担額の食費は、朝食290円、昼食603円、夕食604円です。
    (食費の負担額は、各市町村によって、利用者負担の金額が異なります。)
    その他、日用品費の実費等が必要なこともあります。詳しくは、契約時にご説明いたします。

このような支援を行います

  • このような支援を行います

    【このような方には】
    ADLの低下や、自閉症等に起因する行動障害など、身体・精神面で常時支援を必要とされる方の支援をいたします。
    【支援の内容】
    ミュージックセラピー、創作活動、ドライブ、散歩や、生活支援では入浴や洗顔、食事支援、歯磨きや爪切りなど、個々の能力に応じて支援いたします。
  • 短期入所終了後のケア

    家庭での支援でお困りなことがありましたら、随時ご相談をお受けいたします。